<   2013年 07月 ( 1 )   > この月の画像一覧

レストランのコワイ話

これはまた聞きの話なので、かるーく眉に唾をつけてお読みください。



とあるレストランでの出来事である。
1歳くらいの子供を連れた客が食事中、まだまだ分別どころか思ったことはすぐ実行する年であるその子供が自分用に用意してもらった取り皿を投げて割ってしまった。そこで子供の母親が別の皿を店員に頼んだ。

「新しい皿をください」とだけ言って。





が、小さな店内でそれを聞いていた店主は、そこに何の謝罪の言葉も含まれなかったことに激怒したらしい。

別の取り皿を出すのを断ったそうだ。




それに今度は母親が怒ったのだろうか。
彼女が取った行動は、自分の料理を取り皿でなくテーブルに直接置く、という勇気あるものだった。皿を投げることが悪いと知らない子供が、テーブルに載せられた食べ物を食べることに抵抗があるはずもない。子供は手づかみでテーブルからヌードルを食べていたらしい。




食事が終わって支払いの際、店主が「今日の食事は不愉快で満足ではなかっただろうから、代金は要らない」と言うと、その客はその通り支払わずに帰ったそう。





以上なのだが、同じ接客業を営み、やはり子供の母親である私としては、どっちもどっちといおうか、いや、両方の気持ちもわからんでもないが、何より「うわ~っ、そこまでするんだ!」という驚きが一番である。もちろん両者に対して。この話をしてくれた人には思わず「コブラ対マングースっていうの?」と言ってしまい、死後を口走ったかと内心冷や汗をかいてしまったのだが(幸い相手も「そうそう!」と乗ってくれたが)。



ちなみに、隠したところでこの対決は日本人同士である。そしてもちろんネパールの話である。
よくよく聞いてみれば、客は親子三代で来ており、祖母と思われる人は何も言わず黙っていたということで、私に話をしてくれた人はそのことにも驚いていた。つまりある程度年齢が上の人、特に女性ならば、途中で諌めるなり取り成すなりするだろうに、ということである。




しかし、この話もここがネパールだからの話で、客の言葉が足りなかったことを除き、どの段階でもこれが日本だったらこうはならないのでは、と思った。
まず、客に多少(上の話が事実ならば、「随分」だと思うけど)礼儀が欠けていたからと言って、皿も出さない店はないだろうと思う。



少し前に「目当てのラーメン屋に行ったら休みだった」ことに怒ったラーメン評論家とやらが、その不満をツイートし、それに対して定休日は公表されていたはずとか、その後の評論家のツイートが矛盾しているとか取り繕っていると騒いでいたが、何より相手のラーメン屋店主が平身低頭で謝罪のリツイートし、「これから定休日をなくすよう努力いたします」と言っていたことが印象的だった。「店休の案内が分かり難く(もしくは間違っており)ご迷惑をお掛けしてしまい、申し訳ございませんでした」じゃないんだ、と。


そこまで日本は客を立てるんだなあ、と思うとうっすらと怖くもなった。


昔は頑固オヤジのラーメン屋など特にカウンターだけの店は、客としての礼儀をきちんと守らないと客だろうがかまわず怒られるからと、ちょっとだけ緊張しながら行ったものである。今も日本にそんな店はあるんだろうか。




が、このアブナイ菌だらけのネパールで、どんな雑巾で拭いたかわからないレストランのテーブルの上に置いたものを、しかも一番菌に抵抗力がなさそうな1~2歳の我が子に食べさせる母親も日本にはいないだろうと思う。こんな大人気なく筋違いな方法で店主に抗議したところで、自分にとって何の得もない。法定伝染病の菌がうようよいるネパールで、一つ間違えば子供の命にかかわらないとも限らないのに、もしそれで子供が病気になったら「アンタが皿を出さなかったから」と訴えるつもりだったのだろうか。これが人目を気にしないで済むネパールだから出来る愚挙であって、日本でまさかレストランのテーブルを子供の皿代わりにしないでしょう?



と、書いたところで、にわかに思いなおしてきてしまった。今の日本ならこんな人もいるのかも?
友人に上の話を聞いて、他の同席者とともに「イマドキのお母さんはすごいね~」という定型の理由結論付けとなったのだが、「イマドキ」に「旅の恥はかき捨て」のスパイスを振りかけなくても、充分上の結末は訪れるのかもしれない。






が、そんな平成の「イマドキ」のみなさん。
ネパールには上記レストランのような昭和の頑固マスター/ママがまだまだたくさん棲息しています。レストランだけとは限らないのでご注意あれ。
なお、某旅行代理店ママはへなちょこ弱虫野郎なので心配無用です。たぶん。
[PR]
by noz-tr | 2013-07-23 21:52