<   2013年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧

買い物三昧~



先日息子の靴を買いに行きました。
日本でもそうですが、10歳というのは微妙な年齢で、大人のサイズは大きすぎ、かわいいデザインが豊富な子供向けのサイズ展開の中には入っておらず、半端なデザインと少ない品数の中で探さなければなりません。
さらに選択肢の少ないネパールなので、もう見るからにしょぼい靴とかダサい靴ばかりの中から「許せる」ものを探すわけで、それはあまり楽しいお買い物、とはならないのです。しかも自分のじゃないしね。



乗り気はしないが、重い腰を上げて買わないと息子は破れた靴を履いている!
えいやっと息子を引き連れて行ったものの、案の定最初の数店はかすりもせず。やっと「これならいいかなあ」と息子が言ったのがリーボック風スニーカー。真っ白のハイカットで、足首のところに見える裏地のきれいな水色がアクセントとなっていました。


息子「でも、この内側の色が黒か紺がいい」 そうねー。男の子だし。


「じゃ、お店の人に聞いてごらん」と、私が言うが早いか、呼ばずとも店の人が駆け寄って来て「どのサイズ?」と尋ねてきました。いや、サイズの前にまずデザインです、うちは。


息子「これのここの色が黒かダークブルーはありますか」

店員「えーと、あとは赤とピンクと・・・。これいいじゃない。これブルーだよ」

私「・・・ないなら行こ(日本語で)」

息子「うん」


と、店を出ようとすると、
入口から店主らしい太ったおばちゃんが道をふさいで「どうしたの?」と店の人に尋ねました。彼が「この靴の黒か紺ある?」と確認すると、おばちゃんは「ないよ。他の色だったらこれはどう?」と、さっとディスプレイから取って息子に差し出したのはキレイなペールピンク。


息子「・・・オンナじゃないから(日本語で)」


私は絶句しながらも、どうしておばちゃんって全国共通でこうなの?心の中では妙なところに感心。
まあ、売るためなら何でも言って、平気でウソ付く人も少なからずいますからね、ネパールでは。このくらいの的外れっぷりはかわいいもんです。

商品のことを知らないなら売り場に立つなとまでは言わないものの、せめて知っている人に聞くとか正直にわからないと言ってほしいと思うこともしばしば。
日本よりはるかに対面販売の物が多いので、お店の人と話すことは多いのですが、この「スッキリ反応してくれない」プロセスも楽しめる気持ちの余裕がないと、大きな買い物に行ってもストレス解消できません。日本と違う~。



お客様のニーズに合った品物とサービスを提供。・・・してくれるのはいつの日なんでしょうねえ。

(でも、うちの近くの乾物屋さんのおばちゃんは、ちゃんと店の商品のことを理解していて、てきぱきフレンドリーに接客してるサイコーなサフニ(女店主)なんですが)
[PR]
by noz-tr | 2013-05-31 19:49

ネパールのゴミはどこへいく

e0126499_19315455.jpg


ネパールのゴミは土に返るのが基本です。

かといって、まさか全て分解されて土となるわけはなく、分解されるものもされないものも、とりあえず生活の邪魔にならない地面に置かれる、ということ。要はその辺に投棄されるわけですね。

これは個人単位だけでなく自治体単位でも行われている方法で、カトマンズなど自治体の主導でゴミ回収が行われているところでも、郊外にごみ投棄場所があってそこにどんどん積み上げているだけ、だそうです。

もちろん分別なんて全くなし。ガラスだろうが缶だろうが、ペットボトルも電池でも、なーんでもまとめて捨ててOK.我が家も、やる気があるんだかないんだかわからないおにいちゃんが、1日おきに家の前まで自転車で荷車を引いてやって来るのですが、荷車の中は可燃物と不燃物と粗大ごみのカオスが形成されていることが多い。



一部の素材はリサイクル可能らしく、ゴミが積まれた道端でビニール袋やペットボトルを拾う人もいるのですが、それを分別して回収しよう、というところまでは至っていないわけです。でも、ネパールにそんなリサイクルプラントがあるわけがなく(だってゴミ焼却場もないのに!)、結局のところいろんなアヤシイ人を通して、最終的にはインドに持っていかれるとか。

また一説には、ある程度回収されたゴミが集積されるポイントなどでは、それら「売れる素材」を拾う人が取れるものは取っているけれど、あまり状態が悪い(汚い?)とそのまま放置される、とも。




などなどの話を聞くと、じゃあ近い将来カトマンズのゴミ捨て場は一杯だよね???と思うとゴミが捨てられないわけです。日本で鍛えられてますから、リサイクル素材を回収する人の存在を信じて不燃物を別にするのは何の苦労もありません。でも、野菜くずなどの生ゴミは土に埋めたら土も良くなるかも~、と狭いベランダのプランタに野菜を埋めていた結果が上の写真。


これまでもトマトが収穫できたことはあったのですが、これって謎の野菜。
巻いてないキャベツかカリフラワーかブロッコリー?と思うのだけど、どうやら食べられる育ち方はしてない模様。ざんねーん。





多分ちょっと前までは、ネパールのゴミなんて、全てこうして土で再生か分解・還元されていたのだろうと思います。今のゴミはそうじゃない、ということを知らない人と知っても何もしない人。
私がここでちまちまゴミの減量をしても投棄場はかなり近い将来溢れるのに、と思いながらもやっぱり野菜は土に埋める小心者なのでした。だって、再生トマトは完熟でおいしいしー。
[PR]
by noz-tr | 2013-05-29 21:01

健康第一。

先日ハンドブレンダーを買いました。


これでラッシーやら朝の野菜ジュースで健康に!しかもダイエット!やっほーい!





と、思ったけれど、「計画停電があるから毎朝ブレンダーは使えない」ということが発覚。く~。



そして、最近農業関係のボランティアをしている方とお話ししていて

「この辺の野菜は農薬たくさん使ってるかもしれないから気を付けた方がいいですよ~」

まあ、ウワサとして知ってはいたのですが、改めて最新情報として言われると。やっぱり、生の葉物野菜はやめといた方がいいですよね。ええ、わかってましたとも。



野菜ジュースといえばのリンゴも今時期に出回っているほぼ100%中国からの輸入です。
ネパールに輸出するリンゴなんて、どうやって育てたかと想像すると買う気は全く起こりません。実際スカスカでまずいし。






中国からリンゴは不味いけど、ネパールの野菜は美味しいです。日本の野菜よりも味が濃くて野菜らしいと。
でも、生産者も消費者も知識がないために、ネパールの食品は日本より安全ではないかもしれません。

つい先日も、私と同年代くらいの人が、

「ネパールもインドもどんな食べ物作ってるかわからない。みんな化学薬品入れてるからね。カトマンズじゃ、これからみんな病気が出てくるんだよ」

彼自身、糖尿とリウマチがあって、私には甘いミルクティーをふるまってくれても自分は水だけ。食生活や体質もあるでしょうが、確かにネパールでは中年以降に健康上の問題が出る人は多いようです。






カトマンズの真ん中に住んでる私は、Organicを謳う野菜を買う場所も時間も多少の経済的な余裕もある。食品や栄養に関する多少の知識もある。でも、それがなかったら?販売者の言うことがウソだったら?


そして、ほかに選べなかったら? 




先週末Organicのマーケットに行ったけれど、夏なので濃い緑の葉物野菜はあまりなく。
今週はシーズンになってきたマンゴーやらバナナやらをたくさん入れたラッシーを堪能してます(電気がある時だけ、ですけど)。ヨーグルトはリッチなバクタプルのズーズーダウを使用なので、やはりダイエットにならないか?いろいろ不透明なカトマンズの夏でした。
[PR]
by noz-tr | 2013-05-22 16:58