そして帰り道

友達のバルタマンのパーティーに招かれた帰り道。


ごはんを食べたらすぐ帰ろう(ネパールのパーティーはそういう感じです)、と思っていたのに、
ごはんを食べ終えたらもう9時半を回っていました。

カトマンドゥ的には結構深夜。
でも、タクシーで帰るほどの距離でもないし、タクシーがあまり好きではない私は歩いて帰ることにしました。
パーティー会場となった友達の家近辺は停電だけど、タメルは今日は電気がついてるし、タメルに入ればこっちのもんさ!



と、こっちのもんになった!とほっとした時。
向こうから来たバイクがこちらに寄ってきて、

「ホテルバイシャリはどっちですか?」


あららー。あんた反対方向に向かってるよ。

「えーと、バイシャリはこっちの方じゃなくてあっちのほう。ここ真っ直ぐ行って、左に曲がって・・・」

でも、タメルは一方通行がやたら多いし、暗くて説明しにくいし、どうしようかな・・・。
と、考えていると、相手はこっちがネパール人じゃないと気づいたらしい。

「Where are you from?」(ここだけ英語)

「Japan」

「どこに住んでるの?」

「・・・タメル」

「じゃあ、あなたのホテルに泊めてよ」

「は?」

「僕、インドの映画監督なんだけど、今困ってるんだ」

「はあ?」

「200万ルピー盗られてとっても困ってるんだ。今カード(IDカードのこと)見せるから・・・」


くーっ。ただのロクデナシだった・・・。
一見まともそうな若者だったので、親切に道を教えてあげようと思ったらこれだよ。

サイフからごそごそカードを取り出そうとしていましたが、拝見せずにきっちりお断りして帰りました。早く帰りたいんだよ。
しかし、200万ルピーって、日本でいうなら2000万って言ってるようなもんだし、インドの映画監督って、あんたネパール人にしか見えないんですけど。・・・そんなのでだまされるヤツいるんかい。

でも、「インドの映画監督のIDカード」って見とけばよかったかなー。
[PR]
by noz-tr | 2009-02-05 17:29
<< 1年で一番キライな日 これでもうキミも大人 >>