乳製品直売所


e0126499_172286.jpg



ここは、DDC(Dairy Development Center)の愛称でよく知られる乳製品の直売所。
タメルを丁度はずれたところにあって息子の幼稚園からも近いので、しばしば連行されます。


この写真ではあまり人がいませんが、時間によっては長蛇の列です。
昔は無秩序なネパール人(列を作れない!)がいやで、行くのが億劫だったリしたものですが、
今はチケット制となって少しはマシ。真ん中にあるカウンターでチケットを買って、両脇で商品を受け取る仕組みです。
しかし、値段表なんぞなく、「どんなものがあって、一体いくらで売っているのか」はシロウト(外国人)ではわかりません。地元のみなさんは知ってるから困らないでしょうけどね。そのへんの不親切さはまだまだネパールっぽいです。


e0126499_1728462.jpg


売っているのはヨーグルトやアイスクリーム、チーズなどの乳製品なのですが、ギイやミルクを煮詰めてシロップにつけたインドのお菓子などがあるのもまたネパールっぽい。

写真はフレーバーミルク(の空き瓶ですね)。マンゴーとピスタチオ、もうひとつは忘れましたが、やはりネパールなフレーバーだったと思います。このマンゴー味はすっごくおいしい!
しかし、いつもフレーバーが揃っているわけではなく、しかも忙しいと手前にあるフレーバーを渡されてしまう。こういうときは、私と違って小心者でない息子が間髪いれず主張してくれるので助かります。





e0126499_19145046.jpg


そんな息子のお気に入り。

カップまでなめるほどおいしいか?いいや、ここのアイスクリームはまずいです。
でも、ヨーグルトはコクがあって絶品。あまり酸味がなくて、クリームチーズみたいです。ローカルに混じって座って食べることもできますので、このネパールっぽさ、堪能してみてください。
[PR]
by noz-tr | 2008-11-10 19:37
<< Winter has come. ネパールのりんご >>