依存体質

ネパールに住む外国人はよく、「ネパール人は依存体質だ」といいます。自分で何にもしない、と。


e0126499_2243587.jpg




貧しいことに端を発して何かに困っているネパール人に対して手をさしのべる。食事を食べさせてやったり、お金をあげたり。こっちは「このピンチをこれで乗り越えれば、そこから先は自分でやっていくだろう」と勝手に思い込んで、気前よく何かをあたえるのだけれど、そのピンチは延々と続いて彼らは一向に自ら危機に立ち向かおうとしない。ように見える。






昨日、日本語教師をしている知人が急にスピーチをしなければならなくなったので手伝って!と電話をしてきました。カトマンズで原爆の写真展が開催されるので、そのオープニングセレモニーのスピーチ(もちろん日本語)だそうで。

この写真展は広島出身の友人も手伝っていて、確かネパールの日本語教師協会が主催かなにかって言ってたはず。そういえば明日かあさってから始まったなあ、と思いながら今日の午前中にちょっと見てあげるよ~、と答えました。




今朝、「じゃあ10時半から11時くらいまで」ということでオフィスにやってきた彼。今日帰国するお客さんが出発前に話でもしようと私を訪ねてきてくれていたので、「え?今日の4時からなの?じゃあ、ちゃちゃっと5分くらいでやっちゃおう!」と校正をするつもりの私に、じゃ、おねがいしますといいながら白紙を出しやがった!




「あんた日本語の先生のくせに、しかも先生の協会の代表なのに、何にもしてないってどういうことよ!恥ずかしくないの!?これってあたしに失礼でしょ?!そもそも、あんたのスピーチなんであたしが書かなきゃいけないのよっ!?」



と、お客さんがいなかったらどなりたおしてました。だって、ホントに腹たったんだもん。


お客さんの前で怒るのもまずいので、「やりません。とりあえず自分が言いたいことを書きなさい。言い回しは私が直してあげるから」と極めて冷静に言ったと思うんだけど、けっこうムカついてたからあんまり覚えてないなぁ。上のセリフの半分くらいは言ってしまったかも。


日本語を何年も(おそらく10年以上)勉強して、日本にも行ったことがあって、日本人相手にガイドの仕事もしているあんたでこれかよ、ってね。まったく。




そんなこんなで「短くていいそうです。2~3分のスピーチで」を30秒のスピーチにして(こんなヤツでは2~3分の内容をひねりだせん)お帰りいただきましたが、やっぱり1時間あったお客さんの方がそれより先に帰っていかれました(涙)。





でも、コイツも日本人と多くかかわって、しかも日本の宗教の信徒だから、日本人からいろいろ助けられてきたんだろうなぁ。きっと必要以上に。



うちの息子はまだ子供なので、私から見れば「2年生ならそのくらい自分でしろーっ」ということを周囲のネパール人はは先回りしてやってくれている。


子供はかわいい。だから、「あれして~、これして~」を何でもはいはいとしてしまうネパール人。


だから無償で「何かをしてあげる」ことが当たり前のネパール人。


でも、無償で「何かをしてもらう」ことも当たり前のネパール人。





さて、うちの息子はどういう大人になるんでしょうか。「何かをしてあげる」ことを厭わない大人にはなってほしいんだけど。
[PR]
# by noz-tr | 2010-08-05 22:05

気の持ちよう。


e0126499_20485415.jpg





雨が降り出すとともに、どーんと体調を崩した私。

長所はないので「健康」って書いてもいいですか?ってくらいに、私は丈夫だけが取り柄の人間です。
それなのに先週は突然風邪でもないのに熱が出て寝込み、良くなったと思ったらその日から結膜炎、これが治まったか治まらないかで今度は風邪。

この暑くて湿った時期、お腹をやられてないだけまだいいか、と前向きに考えるものの、まだのどの奥はがらがらするし、左目はなんとなくすっきりしないし。




この雑菌だらけのカトマンズに長年住んで、ちょっとやそっとの菌じゃ負けないわ!と密かに自負していたのに、こう立て続けに来られると「ひょっとしてこれがトシ?」と思ってしまいました。ええ、トシなんですってば。


さておき、先週の不調でこれまでの「菌に負けない強いカラダ」を取り戻さねば、と買ったのが写真のChyawanprash(チャワンプラッシュ)。アーユルベーディックの極めてポピュラーな総合健康食品です。「一日一匙で家族みんな健康!」というあれですね。ビタミンCがてんこ盛り入っているので(もちろん植物由来です)、免疫と強さ、書かれたフレーズに今回はふらっと買ってしまいました。

この写真のチャワンプラッシュはインドの大きな会社の「マスプロダクツ」なので賛否はあると思うのですが、どこでも手軽に買えるので、実はこれまでも何度か買っています。甘くてすっぱくてスパイシーなペーストで、ひとさじだけならおいしくいただけるのですが、ネパール人な息子は何さじでもいけるくらい大好きなのでした。


まぁ生薬だしね。あやしいサプリよりは毒になるまい。というわけで、これで今日から私も健康を取り戻す予定です。
[PR]
# by noz-tr | 2010-07-20 18:24

どうやらうちだけ



e0126499_19233637.jpg



降り続いてます~。雨。

シバさんの予言(じゃない)の7日間をとうに過ぎたというのに降るわ降るわ。
降って当然(雨季はまだまだ序盤)、降らなきゃ乾季には水不足やら何やらで困るんだけど、それでも雨はキライ。



だからどうしたと言われそうですが、こんな天気があと2カ月は続くと思うと誰かに愚痴らずにはいられない。すんません、友達少ないもんで。





ってな具合のじめじめイヤイヤな時期なのに、最近ゴミの回収が来ていない。


私のアパート(といっても3世帯のみ)は、通りに面した門の内側にゴミを置いておけば業者が勝手に門を開けてゴミを持って行ってくれるという仕組みです。
もちろん、「そんなとこまで手が回りません~」という途上国の常として分別する必要なし!
プラスチックだのガラスだのは売れるらしくてゴミ捨て場で個人的に回収している人を見かけますが、基本的に全て種類のゴミがカトマンズ郊外のゴミ投棄場にぼーんと捨てられるという処理方法です。

そりゃ当然近隣の住民に何の問題もないわけがなく、年に数回地元住民によるストや道路閉鎖でゴミの回収が滞ることがあるのですが、状況は大きく改善されていないんじゃないでしょうか。そんな話も聞かなければ、時々起こる「ゴミのスト」もあいかわらず年中行事のごとく見られるので。


で、「またかよ~、よりによってこのぐちゃぐちゃの時期に」と思っていたら、今日ふと気がつくと他の場所にゴミは残っていない。うちの通りには残っているところもあるのだけれど、他のところではあれ?そういえば見ないかも?



この「ゴミ回収業者」は個人事業。もちろん有料です。
そういえば、先週具合が悪くて機嫌が超悪かった朝(しかも早朝)、チャイムが鳴るので出てみると、
「ゴミのお金」とひとこと無愛想に言うので「大家は上のチャイム鳴らして!」と負けずにつっけんどんにドアを閉めたことがあったっけ。

あの時ひょっとして大家はいなかったんだろうか・・・。うむむむ。
[PR]
# by noz-tr | 2010-07-19 20:22

ほんとに1週間~。

e0126499_21192467.jpg



先週末から良くない天気。シバさんのお言葉通り、ばっちり1週間雨降りでした。
実際季節の変わり目には1週間近くぐずぐずとした天気になることは普通なので予想はしておりましたが、かといって汚れる服をコントロールできるわけがなく、家に放置した「息子の泥水でぬれた靴×2足」を考えると憂鬱になる7日目。





ネパールの学校も一部夏休みシーズンです。
夏休み、といってもこの時期勉強できないほど暑いわけではなく、私立学校では全く休みがないところもあるそう。たんまりお勉強させないとカトマンズの教育熱心なパパやママがうるさいですからね。


田舎の方になると、農繁期の「田植え休み」。
今年はどこも予定していた休みに雨が降らず、雨が降り出した今、再度田植え休みを設けているところも多いとか。子供もちゃんと働き手。彼らも重要な要員なので、田植えが始まると学校があっても来ないらしい。



カトマンズど真ん中にある息子の学校はテスト明けのお休み。
息子はおコメがどうやってできるか知ってるんだろうか。あとで確認してみなきゃ(現在また泥まみれになるため外出中)。
[PR]
# by noz-tr | 2010-07-16 21:36

そおだったんだ7Days


e0126499_18514484.jpg



今日は朝から雨。ざあざあの雨。

息子はレインコートを着て長靴を履いて、水たまりをばっしゃんばっしゃん歩けてとっても幸せらしいが、
私はいまひとつ。
レインコートの内側のあんよに泥水はねてるようですけど?





朝から晩までずっと雨、というのは珍しいとはいうものの、もちろんないわけではありません。
日本の梅雨かのごとく分厚い雨雲が、どんどこ雨を降らすこともこの時期よくあります。


個人的には雨は嫌い。
こりゃー長い雨か・・・、と外を見ながら、それでも反対意見を聞きたくて、
シバさんに「ずっと降りそうだねぇ」と言うと、「7日間降るでしょ」。


は?は?は?

「あははは。いや、昨日から降ってるでしょ?この時期土曜日から降ると7日間降り続ける、って言うんだよね」



うん。農業国ネパールらしい都市伝説、じゃなくって言い伝え。
学校はおりしも田植え休み真っ最中(都市部のおセレブなところは除く)。しっかり降って、しっかりおコメを育ててください。タイチン米*を作ってるみなさん、おねがいしまーす。








*うちで食べている銘柄。いわゆるsticky riceですが、去年どうやら不作だったらしく、今、手に入るのが古古米っぽい!まずいよりは高い方が、とあれこれ探すうち、最終的にはこれまでの2倍の値段を払わなければならないかも。来週あたりから・・・。
[PR]
# by noz-tr | 2010-07-11 21:15