<   2009年 06月 ( 5 )   > この月の画像一覧

電気屋1週間

先週のこと。


e0126499_21403653.jpg


うちの冷蔵庫の調子が悪くなりました。
といっても実は頂き物の冷蔵庫。動かなくても当たり前というお年の冷蔵庫さまで、やっぱり新しいものを買おうか、いやでもこのくっそ暑い今、ここぞとばかりに高い値段をふっかけられるに違いないなどと、一人逡巡しておりました。



考えた挙句、「今の一番暑い時期を乗り越える程度の応急処置が安くできるなら」修理を頼もうと、うちの大家がいつも頼んでいる修理のおじさんを呼びました。




金曜日

おじさん 「ああこれねー。霜がとれなくて、ファンが回ってないから。1日くらい電源切ってその後様子をみましょう。」

私 「いや、ファンも回らないんだけど、回ってもあんまり冷気が冷たくなくて・・・」

お 「中に入れてる食べ物が臭う?」

私 「え?」

お 「いや、だから中の食べ物が、くんくん(と臭いを嗅ぐ真似)ってやってクサいかい」

私 「・・・臭くはないけど」

お 「じゃ、食べ物が腐ってないってことだから大丈夫!あんたの冷蔵庫はファンが回れば問題なし!」

私 「・・・いや、でも全然冷たくないんだけど?」

お 「大丈夫!」

私 「・・・(大丈夫じゃないと思うんだけどぉー)」

そこで気づかないと
[PR]
by noz-tr | 2009-06-25 21:45

おつかれさまでした。

アツイアツイ。デモ、シアワセ。

e0126499_16141050.jpg


先日、任期を終えて帰国を明日に控えた青年海外協力隊の隊員さんがうちのオフィスを訪ねてくれました。 いや、お世話になったのはこっちですー、とわざわざ挨拶に来てくれたお礼をもぞもぞ言っていると。

入り口のところで、家族連れらしい父親が、何か紙を見せながらやっぱりもぞもぞ言っている。





うちのオフィスは一階にあるので、ひろーい意味で寄付を募る人たちがたくさんやって来ます。中でも、こういうふうに診断書片手に「病気なので治療費を寄付して」というのはかなりスタンダードなスタイル。ですから、「・・・うそじゃろ」とすぐに判るような人も結構いる。
しかも、実際このタイプは毎日のようにやってくるので、いちいち事情を聞いて本当かどうか考え込んでいる暇なぞありません。っていうよりうちが援助して欲しいくらいなのに。 というわけで、私はこういう方々には基本的にまったく耳を貸さず、そのままお帰りいただいております。



でも、入り口のそばに座っていた彼はしばらくの黙って聞いていた後おもむろに振り向いて、そのぶっきらぼうに寄付を頼んでいた父ちゃんに尋ねました。

「どうしたって?」





「子供が病気で手術しないといけないけどお金がないんだ」

「何の病気」

「お腹」

「子供は何歳」

「9ヶ月」

「カンティ(公立の小児専門病院)に行けばいいじゃない」

「行ったよ。これが診断書だ」

「ああいうところじゃ、お金がない人に援助してくれるだろ」

「手術に2万5~6千ルピーかかるんだ。半額出してくれるけど、それじゃ足りない」




「ふーん」







彼もまたぶっきらぼうにお金を出して、父ちゃんも相変わらずの調子で、それでも、お礼を言って帰っていきました。



「・・・すいません。俺、病院勤務だからああいうのに弱くって。あの話もホントかうそかよく判らないけど・・・」





って、なんであんた謝ってんのよ。
父ちゃんが来たときから、キミがお金をだすのはわかってましたって。 話が嘘でもほんとでも。 あの父ちゃんはそのお金で酒飲んだりしない、って思ったからあの額出したんでしょ。




キミの同期も先輩も後輩も、きっと誰もがこのシチュエーションなら出してたと思う。
最後の最後まで、ネパールのためにありがと。そしておつかれさまでした。
いつも隊員さんには言えないのでここで。 誰か読んでくれているといいなと思いながら。
[PR]
by noz-tr | 2009-06-20 16:22

民間療法

今日もあっつかったー。

e0126499_21293167.jpg




日本の暑さに比べれば何のその、なので、「あつーい」とうめきながらも実はうれしい今日この頃。はい。夏好きです。




しかし、息子は血行がよくなりすぎるようで、昨日今日と2日連続で鼻血小僧でした。
さっきももう涼しくなってきたのに、たら~り。

すぐに治まったので(どうせ鼻でもほじくったに違いない)顔を洗いに行かせると、


「ママー、あっちの人がねー。頭にちょーっとだけ水をつけて、こうやってこうやってしたら、血が暖かくなって上の方行くから、鼻から出なくなるってー。」


「・・・は?」


「頭にちょーっとだけ水をつけて・・・(以下同上)」


「じゃ、やってみたら?」


「うん。やってくるー!」



いや、キミのはもう止まってるけどね。

こうやってこうやって、は後頭部をまるーくなでることなんですが、「マッサージ」と「温まる」というのは、結構こちらでは重要なポイントなので(病気の原因はすべて冷え)、あながちからかわれたのではなさそうです。

うーん。でも考えてもわからない。本当に効くんだろうか。ネパールだったら効くのかも。日本では真似しないでください。
[PR]
by noz-tr | 2009-06-11 21:55

こんな日差し

カトマンドゥは標高1300m


e0126499_18271512.jpg




そう。標高からみるとばっちり高原のカトマンドゥですら、今日の気温は間違いなく30℃+。
ファンを回している室内にいると快適ですが、外に出て日に当たることを考えるとぞっとする午後の3時。





どうでもいいことなんですが。



こんな感じで暑いとき、近くのもっと暑い国からのツーリストがたくさんネパールを訪れます。

実は私はこの国のお客さんが苦手。
どう見たって日本人か韓国人にしか見えんじゃろ!という私にどわーっとヒンディー語で話しかけてくるので。

実際私はヒンディー語がさっぱりわからないため「英語でお願い」するのですが、こやつら「ネパールじゃ誰でもヒンディー語がわかるだろう」と決め付けているのか!と思うとなんだか妙に腹が立つ。

ハワイあたりでも、日本語が苦手な店員さんは私とおんなじようなことを思ったんだろうか。



・・・などと暑さのつれづれに書いていましたが、しょうがない、あきらめて(何を?)紫外線ばりばりの外へ息子を迎えに行ってきます。
[PR]
by noz-tr | 2009-06-10 18:54

強いカラダとココロ


e0126499_22243428.jpg




・・・がネパールでは育まれているはず。

またか。と思われるでしょうが、水の話です。
[PR]
by noz-tr | 2009-06-05 22:47