<   2009年 01月 ( 6 )   > この月の画像一覧

お受験 in Nepal


e0126499_20272516.jpg


うちの息子も気がつけばもう6歳。
日本にいれば来年から1年生という年になりました。


ネパールの新学期は日本と同じ4月なので、ぼちぼちどこの学校に入れるか決めなければなりません。
カトマンドゥでは、経済的にさほど厳しくなければ私立、というふうに学校は私立志向です。
ですから、ビジネスとしても「学校」という業種はかなり優良なものであって(不況の影響はうけにくいですものね)、私立の学校はカトマンドゥ市内にも山のようにあります。


じゃあ、どの学校がいいか、ということはこれが結構むずかしくて、面倒なことは先延ばしにしてきた私ですが、さすがにもう逃げられなくなってきました。
日本人の諸先輩方の話を総合すると、

「どの学校にしても、結局大して変わらないわよー」

ということなので、やっぱり今と同じように歩いて通えるところがいいかなぁ、と思っていたところ。


「セント・ザビエルにしなさい!本当にいい学校よ!遠くてもスクールバスがあるから。試験に合格しなかったら、それから他のところを考えればいいから。とにかく受けるだけ受けてみなさいっ」

幼稚園の園長先生はやり手でした。忘れてました。
セント・ザビエルとはカトマンドゥでは一番人気の歴史のあるミッション系の学校です。学費もそんなに高くないそうで、お金も手ごろな伝統校といえば、コンサバなカトマンドゥの人にはそりゃ人気でしょう。

確かに

「うちからはザビエルに何人出しましてよ」

というのは、幼稚園の経営にとっては高ポイントだろうしなぁ。
でも、日本ではまず経験しなかったであろう「お受験」、ちょっと見てみるのもいいかも。



と、先日願書をもらうためだけに1時間行列に並び、日を改めて願書を提出するためだけに30分並んできました。もちろん、数日あるうちの1日のわずかな時間しか見てないのですが、いたいた、カトマンドゥ盆地内の6歳児の親が全部来たか、というくらいいた。倍率はかなり高いと聞いてるけど、こりゃ10倍くらいあるかも、でした。

学校の門の外には予想問題集が売られてるし、塾の営業がビラ配りに来るし、銀行の営業まで来てて、おおーっ、これはおもしろい!と思ったのですが、さすがに写真を撮るのは不謹慎かなと(笑)。


まだこれから入試があります。
今度は並ばなくていいから連れて行くけど、並ばなきゃいけないならやめよっかなー、とやる気のかけらもないガイジンの母なのでした。
[PR]
by noz-tr | 2009-01-31 21:14

プラスチックのお金

とはいってもカードのことではありません。

e0126499_1934666.jpg




ネパールの通貨はネパールルピー(Rs.またはNRs.)です。
1、2ルピーはコインで(紙幣も少し流通しています)、5ルピーから1000ルピーまで紙幣があります。

数年前、一番使用頻度が高いのか、10ルピー紙幣のみプラスチックの紙幣が導入されました。
だってねえ。弱いんですよ、こっちのお札。この前も輪ゴムでまとめてある1000ルピー札の束から1枚だけひっぱって取ろうとしたら、ばりっと半分に破れてしまった!新札だったのに!

やばい・・・、と思いつつ正直にオフィスに持っていったところ、スタッフに「ああ、じゃあ僕がテープでくっつけておくから大丈夫」とあっさり言われて、ほんとにいいの?!と胸をなでおろしたこともあります。もちろんですが、すぐに支払いに使われたらしい。まとめて出したらごまかせるもんね。





で、話は戻ってこのプラスチック紙幣、丈夫なようで意外とそうでもないそうです。さすがに私のように引っ張ったくらいで破れてしまうことはあまりないようですが、それでも古くなると破れるとか。しかも紙のように柔らかくないので、「テープ補修」が難しいらしい。




そしてもっと意外だったのが、先日の友人の話。
彼女はバス通勤をしているので、バス代用に銀行で10ルピーをたくさん両替するそうです。

「大抵500ルピー分を両替するんだけどさ。時々はまちがってて1~2枚多かったりするんだよね。でもねー、それでもいつもその中に印刷の擦れたプラスチックがたくさん入っててさー。あれはどこでも受け取ってくれないのよぉ」

たしかにもう発行から数年が経過しているので何が書いてあるんだかよくわからないお10ルピー札もよく見るけど、私は断られたことないなぁ。多分。いつも同じところで買い物してるし、愛想のない外人のオバサンなので相手も言いにくいんだろうか。よしよし。




そんなわけで人気度が低い10ルピー札。
新札を見ないから、ひょっとしたら今は発行していないかもしれないなあ。
いずれ価値が出るかもしれないので、取っておくのもいいかもしれません。


・・・はい、たぶん出ません。
[PR]
by noz-tr | 2009-01-27 19:06

5日目

相変わらず慣れない16時間停電ですが、どうやら慣れなくてもよさそう!


今日は、本当ならば朝8時から夕方4時までの停電のはず。が、1時に突然電気がつきました。そんな時間に電気がつく曜日はないし、どうなってるんだろ、と話していると

「今日から停電短くなったらしいよ。家も朝早く電気ついたし。まだ新聞には載ってないけどね」


おお!ほんとかっ!

でも時間が経つにつれ、市内各所から同様の話が聞こえてくるので、どうも本当らしいです。1日あたり12時間になったそうな。



・・・すっごくうれしい(涙)。
16時間に比べれば、1日の半分電気があるなんてすんばらしいことです。ホントにありがたい。


しかし、2月末までは16時間、って言ってたのにこの急展開はどうしたんだろ。市民の力かなあ。もちろん抗議デモやってましたからねぇ。工場やらなにやら、こんな長い停電は当然死活問題というところもありますから。


そういえば、先日朝家にいると「ていでんはんたーい」などと叫ぶデモ隊らしい声が聞こえてきました。ストライキや抗議行動(タイヤを燃やしたり、レンガを投げたりする方)はバカのすること、と偏見を母親に刷り込まれている息子は、


 「悪いねぇ。日本はみんなこんなこと(抗議デモ)しないね。みんなごはん食べて、仕事して、だけするよね?ネパールの人は悪いねぇ」

 「・・・そうだねぇ」


そうでもないかもね。こういうことをしなきゃいけないときもあるし。
ネパールよりも日本の方が、もっと悪い人がいるみたいだし。


なんてことは、もっと大きくなってから教えればいいか。
[PR]
by noz-tr | 2009-01-15 21:16

こんなかんじ。

1日16時間の停電ももう4日目。いやぁ~、慣れません(笑)。


慣れられませんて。さすがにねぇ。
しかも日の短い冬ですしね。気持ちもつい暗ーくなってしまう。


で、暗いついでに。

日本にいる人に「今ネパールは1日16時間停電があるんだよ」と言っても、みんな同情はしてくれますが、やっぱりあんまりピンと来ていないよう。そこで、私が住むタメルの停電スケジュールを公開しまーす。あ、でもわかりやすく「電気がある時間」に置き換えてみました。

日 0:00~4:00 12:00~16:00
月 0:00~4:00 12:00~16:00
火 0:00~8:00 16:00~20:00
水 4:00~8:00 16:00~20:00
木 4:00~8:00 16:00~20:00
金 8:00~12:00 20:00~0:00
土 8:00~12:00 20:00~0:00


つまり、夜の8時以降に電気があるのは週に2日だけ!夜の3時4時に電気があったって、どうせいっちゅうんじゃい!

今週は家で電気がついているのを殆ど見ていないような気がする。夜帰っても寝るまで電気なし、朝起きてもなし(冬休みで寝坊し続けているため)。


・・・かわいそうですよね?ネパールの人たち(私も含め)。




でも、やっと来ました!うちにも発電機が!
インバーターと呼ばれる充電式のものです。そうじゃないと仕事になりませんからね、あれじゃ。

こんなの。
e0126499_2184933.jpg


もちろん、うちといってもオフィスのことです。
今日も8時になったら停電なので、夕食の仕度その他のためにぼちぼち帰らせていただきます。
[PR]
by noz-tr | 2009-01-14 20:38

16時間


e0126499_16521531.jpg


朝オフィスに来て、今日の英字新聞にふと目をやると

16-hr-day power cut to greet nation soon(もうすぐ16時間停電がやって来る)

だって。ふーん。


ちなみに。
この16時間というのは、「ひと月あたり」でも「1週間あたり」でもありません。
「1日あたり」です。



1日は24時間あるはずだから、えーと引き算すると電気があるのは24-16=8、うん!1日8時間かー。そうかー。あははははー。





1日12時間停電が始まってまだ10日ほど。やっと停電のローテーションに慣れてきたと思ったらやられましたよ。ちなみに、水力発電に頼るネパールの発電量が上がるのは雨季が始まる5月頃、つまりあと5ヶ月くらいはこの状態(もしくは悪化)するのですわ。
いや、いいんですよ。もう何でも。12時間をこなしているから(?)、16時間だって同じことでしょ。



でも、やっぱり誰かに訴えずにはいられなくて、仕事を残したままこうしてここに書く私。だって今日はあと30分電気があるもーん(笑)。

とにかくがんばるから誰か私を励まして!ネパールに来る人はおみやげに電気ヨロシク!






[PR]
by noz-tr | 2009-01-08 17:00 | 毎日のこと

小心者の私

e0126499_16584973.jpg


ちょっと前のこと。
息子の幼稚園のお迎えの帰りにオフィスの近くに差し掛かると、ちょっとした人だかりが。


こんなの持ったおじさんでした・・・・。

子犬をこういうふうに抱えて売り歩くブリーダーのおじさんもいるのですが、ふくろうねぇ・・・。
いや、でも売り物じゃなくて彼のペットだったかもしれないですよね。


息子が「何食べるの?」と尋ねると、

「肉」

だそうで。

あまりのインパクトで「なぜ彼はふくろうを持ってタメルなんぞに突っ立っているのか」尋ねられませんでした。写真は撮ったけど(息子が)。




1ヶ月以上も更新しなくて、正月一発目の記事がこんなのです。いいんです。

カトマンドゥは1日12時間停電がある首都になってしまいましたので、更新はこれからもきっとゆっくりです。でも、がんばります。ええ、いろいろと。

今年もどうぞよろしくおねがいします。
[PR]
by noz-tr | 2009-01-02 17:08