<   2008年 10月 ( 9 )   > この月の画像一覧

Halloween in Nepal

正確にはハロウィーンみたいなもの。ですね。



e0126499_1892462.jpg



やる気まんまん~。

Trick or Treat in Nepal
[PR]
by noz-tr | 2008-10-31 19:21 | できごと

ラクシュミ・プジャ



e0126499_172263.jpg



昨日はラクシュミ・プジャ。日も暮れると街中がライトアップされ、ティハールの5日間の中でも最も美しい日です。



富と財産の神様であるラクシュミがやってきますように、というわけでキレイにしてラクシュミ神を呼び込もうという作戦なのですね。

こんなふうに
[PR]
by noz-tr | 2008-10-29 19:12 | できごと

ティハールはじまる

e0126499_2033565.jpg


昨日(26日)からティハールというお祭りが始まりました。



米の買出しに行くついでに、

「じゃあ、アサンでティハールの買い物もしてくるよ。何買ってくればいい?」

と、お使いに出かけた私でした。が。






無理でした!無理ー!

予想はしてましたが、すっごい人!
ティハール前の買い物風景、なんて撮ってみようかとカメラを持っていったものの、ピントが合うのを待って撮れたのは上の写真くらい。


e0126499_20574556.jpg


これはティハール用のグッズの一部です。
5日続くティハールのお祭りの中でも、重要な儀礼の日は2日(ないし3日)あるのですが、それぞれ必要な物は違います。
オフィスではそのうちの1日の儀礼しかしないので、それに必要なものだけ買えばいいのですが、そういえば私はその「必要な物」が何かよくわかっていない人間でした。はい。



と、いうわけでキャンドルだけ買って撤退。・・・するのも大変でしたけど。
店の人は余裕がありますが、私の背後は人だらけ~。今日と明日はもっとすごいはずなので、半径1km以内には近づかないでおこうと思います。
[PR]
by noz-tr | 2008-10-27 21:21

シェル・ロティ

e0126499_17214683.jpg


もうすぐティハールですが、このお祭りにつきものなのがシェルと呼ばれるドーナツのような揚げ菓子です。
かといって、ティハールのときだけのものかというと実はそうではありません。


お米を荒く挽いた粉と小麦粉を混ぜて揚げたもので、ローカルのティーショップのスナックとしていつでも目にすることができます。朝ごはんとしてミルクティーとこのシェル、ヒヨコマメのカレーのセットというのはネパールの定番中の定番。




朝っぱらからカレー(死んでもいや)、ということでヒヨコマメは絶対入れませんが、うちでもシェルを朝ごはんにすることはあります。

近所にあるティーショップのシェルは、朝の揚げたてだともうそりゃおいしい。外はかりっとしていて中はジューシー。お米のつぶつぶ感も個人的に好きだし、何より他のネパールのお菓子と違ってあんまり甘くない!ネパールの食べ物で何が好きと聞かれたら、かなり上位に名前を挙げるくらいです。





・・・しかし、残念ながらティハールの時におみやげにされるシェルは前日のものなのでぜんぜんおいしくないです。だって揚げ物ですからねぇ。それにもかかわらず「フライパンで温めれば1週間くらい大丈夫よ~」(注:そんなことはありません)と、大量に包んでくれるので、大方の在留邦人は「毎年食べきれずに捨ててしまう」そうです。私もしかり。
今年こそは、全部消費したい!じゃなくって、もらわずに逃げたい・・・。
[PR]
by noz-tr | 2008-10-24 19:51 | いろいろな食べ物

路地の向こう


e0126499_21172341.jpg



こんな車も通れないような路地がカトマンドゥには無数にあります。


もう多少迷ったとしても帰れないようなことはないくらいにはこの街に慣れた私ですが、
その道がどこに行きつくのかと、足を踏み入れてみたことは一度もありません。
道に迷った情けないガイジンと思われそうで。



他の人から見たら、私が住んでいるのは非日常の夢の世界かもしれません。
路地を進んで行った先には、そんな世界の境界線を見ることができるのでしょうか。
[PR]
by noz-tr | 2008-10-19 21:53

大丈夫かなぁ。

先日のお散歩の途中で。

e0126499_2043842.jpg




どう見ても窓がせり出してますよね・・・。
でも、多分上の階には人が住んでる様子。うーん。





この家があったインドラチョーク近辺やアサン(この二つは隣接していますが)は、築何十年の古い家が未だに残っています。
でも、レンガ造りの家は長い月日にへこたれてきたのか、いやがんばっているのか、こうしてゆがんでしまった窓や入り口をよく見かけます。

がんばってほしいような、何かあったらこーんと崩れそうな建物は建て直してほしいような・・・。
[PR]
by noz-tr | 2008-10-15 20:51

ラッシー屋さん

e0126499_14585383.jpg


今日でダサインホリデイもおしまい。
今年は大きなフライトキャンセルがあって、そのあおりで見事になーんになかったダサインでした。

メインの日ですら、オフィスこそ閉めたものの、携帯電話を気にしつつタメルから半径1km以内に待機。
というわけで、メインの日も「お散歩ー」と叫ぶ息子を連れてダルバールスクエアまで、というのがうちのイベントでした。

で、それだけっていうのもあんまりなので、ついでに以前から聞いていたうわさのラッシー屋さんに行ってみました。


e0126499_15142176.jpg


これだけの店です(笑)。

まさにラッシーを飲ませるだけの店。オプションはグラスの大か小かのみで、店の前でみんなぐいーっと立ち飲みします。

プレーンのヨーグルトに氷を入れてかき混ぜ、ナッツとレーズンのトッピングをしてくれるところが ローカルっぽい。ここはインド人がやっているので、ほとんどの店が閉まっているダサインのこの日もちゃーんと営業していました。えらいぞ!


味はなかなか。でも、ちょっと甘めです。
氷も入っているので衛生的に多少の懸念がないとはいえませんが、チャレンジできる方は一度ぜひ。

インドラチョークからタヒティへ北上する通りに入ったところにあります。大きいグラスがRs.25、小さいグラスがRs.15。安っ!
2件ほど同じようなラッシー屋が並んでいるそうですが、小さい方のお店がホンモノ(?)だそうです。
[PR]
by noz-tr | 2008-10-14 15:28

ダサインまっただなか

e0126499_2131506.jpg


今日はダサインと呼ばれるネパールで最も大きなホリデイの9日目。明日がメインの日なので、いうなれば大晦日みたいなものです。


ここタメルも半分以上の店は閉まっており、まさに正月の東京都心といったところです。
そんな中でも今が最も忙しい業種のうちやお向かい(旅行代理店)は今日も開店。そうはいっても、開けているからといってばんばんお客さんが入ってくるわけなんかありません。うちもどちらかというと本日のトラブル処理のために開けているようなもの。
で、ふと気がつくと、向かいのオフィスは面々は外に出てこんなこと↑してました。




これは、「ダサインといえば」の賭けトランプです。正月の花札みたいなもんなので、たいした額は賭けてないでしょうけど。よくよく見るとうちのプラカスもギャラリーしてるし。



で、その間の向かいのオフィスの留守番はこれ。

e0126499_2152588.jpg


うーん、ほんとにいいのか。キミたち。
[PR]
by noz-tr | 2008-10-08 21:55

お誕生日おめでとう

今日はインドの父と呼ばれるマハトマ・ガンジーの誕生日だそうです。

e0126499_1957391.jpg


しかーし、うちの息子の誕生日でもあります。ええ、雲泥の差ってこういうことを言うんですよね。



我が息子もあれよあれよという間に6歳。
このごろはちょっとずつ男らしくなってきているような気もする。


そして、記念すべき誕生日の今日、初めて乳歯が抜けました。いや、正確に言うと抜かれました。
うちにお茶のデリバリーをしてくれるおっちゃんに、今日が誕生日だと言うついでにぐらつく前歯を見せながら、


「ぼくの歯がこんなになってるよ」


と言ったら、そりゃあもううれしそうな顔になって、


「じゃ、わしが抜いてやる!」

と、引っこ抜いてくれました。
で、やはりネパールでも抜けた歯は上に投げるそう。そうしたら新しい歯が生えてくるんですって。


最初は「すっごく痛い!」と叫んでいたのですが、それでも逃げなかった息子。そうそう、それがオトナのオトコだ。

さ、もっと早くオトナになってかあちゃんを助けてね。
[PR]
by noz-tr | 2008-10-02 20:02