カテゴリ:いろいろな食べ物( 8 )

クリシュナ・アスタミ


今日はクリシュナ神の誕生日で祝日です。


e0126499_22113065.jpg



クリシュナというのはヒンドゥー教のたくさんいる神様のうちの一人ですが、えーと何の神様だっけ。
どういうわけだか青い顔(本当に「青」です)をして笛を吹いている子供、というのと女たらしというキーワードしか浮かびませんが、まぁ神様なので何かいいことをつかさどっているはずだと思います。



そういわれてみれば、ネパールの祝日ではブッダの誕生日も祝日だし、おととしくらいからクリスマスも祝日。でもあれだけいるヒンドゥーの神々については、このクリシュナしか誕生日を祝いません。どうしてなんでしょうね。そんなに素晴らしい神様なのか、彼だけ誕生日が判明したのか。あとで誰かに聞いてみよう。





写真はうちのスタッフ、シバさんの息子さんの誕生日のメニュー。先日私の息子がパーティーに押しかけたのですが、お持ち帰りもどっさり抱えて帰ってきました。



左上から時計回りにキールと呼ばれるライスプディング、プリーという揚げたパンのようなもの、野菜のカレー、ジャガイモと豆のアチャール(和え物)。ヒンドゥーのお家でパーティーなど人を呼ぶときの定番メニューです。

個人的にはジャガイモのアチャールが好きな以外は、まぁ一口食べれば十分という感じでしょうか。
キールもおいしくいただけますが、この甘ーいごはんとカレーをいっしょに食べるのはどうもしっくりきません。



そう考えながらよくよく見ると、この組み合わせって、甘くて辛くて油っこくて、という取り合わせですよね。二の腕の下をかるーく摑んでみながら、このメニューが好きでなくてよかったー、と今頃になって悟ったクリシュナの誕生日でした。
[PR]
by noz-tr | 2009-08-13 22:14 | いろいろな食べ物

これがチャットパティ


e0126499_21182041.jpg




ここ半年くらいずーっと調子がいまひとつだった私のPC。先日フォーマットして、ついでにソフトもアップグレードして、ああすっきり!やっぱり虫のいない環境っていいわねぇ(ご迷惑をおかけしたみなさん、すみません)!

ウィルスソフトも3つも入ってますからね。もうこれで大丈夫。とはいえ、ネパール人のみなさんのUSBは一切お受けいたしませんことよ。今までこれでどんだけ迷惑こうむったことか。





さてさて、こんなわけで前回の「またいずれ」から早2週間。フォーマットしてからの環境整備が結構大変で、更新どころではなかったのですわ。


e0126499_2120221.jpg





チャットパティとはこんなものです。お米の粒が虫っぽく見えてないといいんですけど。

お米といってもいわゆる「ぽんせん」(ってわかりますよね?)と、豆類、生タマネギ、ゆでたじゃがいもを小さく切ったものを辛いソースとレモンであえたスナックです。
「すっぱい」と「辛い」の食欲系マッチングと炒った豆類のかりかりした食感で、「いつか腹いっぱい食べてみたい」という欲望を抱かせるチャットパティですが、多分それをやったらおなかこわします。わかってますって。




上の写真だと巨大に見えますが、実はおとなのこぶしほどの量しか入っていません。これでRs.5(約6円)。物価高騰中のカトマンドゥでも低価格を維持している頼もしいカジャ(おやつ)です。
基本的に行商系のカジャで、単独のチャットパティ屋さんもいれば、炒り豆屋さんが扱っていることもあります。









日本の方は気になったかもしれませんが、このチャットパティが入っているのは何かのテキストを切ったもの。つまり、古紙を再利用しているわけですね。こちらでは食べ物を包むのにもこうした古紙を使うのが一般的です。古紙は新聞だけでなく、こうした本やノートなんてのも珍しくありません。ちなみに中に入っている小さい紙片がスプーンがわりとなります。



チャットパティはウェットなので、さすがにぺらぺらの新聞とかわら半紙でできたこちらのノートは使われませんが、それでも紙さえ厚めならペンで何か書いてある紙でも平気で使用します(笑)。
以前は乾いた豆でも、そうした「インクが食べ物に付くんじゃないの?」という紙に入れられるのに軽い抵抗がありました。しかし、そうなるとこっちでは何にも食べられなくなるわけです。安くておいしいものが。




というわけで、今では日本の食品衛生上どこまでがOKでどこまでがNGか、がさっぱりわからなくなってしまった私。水の少ない生活にも慣れてしまったし、久々に帰省したら母を驚かせる(泣かせる)ことも多々あるのかもしれません。



念のため。

じゃがいもは皮をむいた後にのみ洗えばいいですよね?
[PR]
by noz-tr | 2009-05-31 21:26 | いろいろな食べ物

シェル・ロティ

e0126499_17214683.jpg


もうすぐティハールですが、このお祭りにつきものなのがシェルと呼ばれるドーナツのような揚げ菓子です。
かといって、ティハールのときだけのものかというと実はそうではありません。


お米を荒く挽いた粉と小麦粉を混ぜて揚げたもので、ローカルのティーショップのスナックとしていつでも目にすることができます。朝ごはんとしてミルクティーとこのシェル、ヒヨコマメのカレーのセットというのはネパールの定番中の定番。




朝っぱらからカレー(死んでもいや)、ということでヒヨコマメは絶対入れませんが、うちでもシェルを朝ごはんにすることはあります。

近所にあるティーショップのシェルは、朝の揚げたてだともうそりゃおいしい。外はかりっとしていて中はジューシー。お米のつぶつぶ感も個人的に好きだし、何より他のネパールのお菓子と違ってあんまり甘くない!ネパールの食べ物で何が好きと聞かれたら、かなり上位に名前を挙げるくらいです。





・・・しかし、残念ながらティハールの時におみやげにされるシェルは前日のものなのでぜんぜんおいしくないです。だって揚げ物ですからねぇ。それにもかかわらず「フライパンで温めれば1週間くらい大丈夫よ~」(注:そんなことはありません)と、大量に包んでくれるので、大方の在留邦人は「毎年食べきれずに捨ててしまう」そうです。私もしかり。
今年こそは、全部消費したい!じゃなくって、もらわずに逃げたい・・・。
[PR]
by noz-tr | 2008-10-24 19:51 | いろいろな食べ物

エベレストモモ


相変わらずの光った写真でご迷惑をお掛けしてます。料理ブロガーにはなれないでしょうか。



e0126499_159584.jpg



どうにもこうにも言い訳ばかりの人生ですが、このモモ屋でじっくり構図を考えたり、何度もフラッシュたいてばちばち写真を撮る勇気なんて、陰気で臆病な私には到底ありません。1発勝負で賭けてみましたっ(で、負けました)。



昨日息子を幼稚園に迎えに行った帰り道、めまいがするくらいお腹がすいていたのでこの「エベレストモモ」に寄りました。
ここはまさに「モモ屋」で、日本でいえば「第7ギョーザ」みたいなもんでしょうか。モモしかない。具の種類もバフ(水牛)しかない。だからオーダーのしかたも「1皿」とか「2皿」です。タイミングがよければ、入り口でお兄ちゃんにオーダーしつつ椅子に座ると、同時にモモが目の前に置かれます。ファーストフードの鑑ですな。

ここのモモはネワールスタイルのもので、直径3cmくらいの小さなかわいい丸い形。ゴマベースでスパイスが効いたスープを上からかけます。このゴマ味が、日本人のハートを鷲摑みにするのですが、もう一度お代わりを注ぎにやってきてくれるのがネパールらしい。




値段も安いので(1皿Rs.24=約40円)、地元の人の軽食として大人気のこの店、やっぱりこういう「安い、うまい、早い」というところは客の男性比率が非常に高く、みんなモモをかっこんで滞留時間5分で出て行きます。
この店に限らないのですが、モモを蒸す熱気と、どんどん入っては出て行く客(しかもネパールのオトコ衆)の勢いで、独特の空気がモモ屋にはあります。ここで一人メシができる貴女はもうこわいもんなし、という登竜門だと密かに思う私。ちなみに私はまだくぐってませーん。
[PR]
by noz-tr | 2008-06-13 15:58 | いろいろな食べ物

ネパールでいちばん安い野菜


e0126499_17184998.jpg



・・・いや、厳密に言うとそうじゃないかもしれませんけど。まぁ、よしとして。

ともかく、たった1ルピーで一掴みくらい買えます。しかし、だからといって山盛り買いませんよ(笑)。とうがらしですからねぇ。しかも青。いくら辛いものに慣れたといってもたくさんは食べられませんて。

日本以外のアジアでは、最もポピュラーな野菜なのでしょうか。ここネパールでもこのクルサニ(唐辛子)は基本中の基本です。カレーの辛さをこれで出すだけでなく、このままぽりぽりとごはんの友として食べる人も少なくありません。私はこれを一口食べたら、もうその後何食べても味がわかんなくなっちゃうんですけどね。でも、ネパールでは「辛い」イコール「おいしい」らしいので、これが究極のおいしいものなんでしょうか。なんでも「人を殺す唐辛子」という名前のクルサニもあるそうです。つまり、辛すぎて死んじゃうくらい辛いらしい。私がネパールで未だに口にしたことがない食べ物の一つです。多分一生口にしないだろうなぁ。



弱腰な私ですが、煮込むカレー(タルカリ)はともかく、フレッシュな素材を使うアチャールなどにはやっぱりこのクルサニなので、時々は少量を買います。でも、力をこめて「ちょ~っとだけちょうだい」と言うと、大抵はタダで2、3本くれます(笑)。だって、2、3本で充分なんだもの。近所の八百屋のおじちゃんは、軟弱なニホンジンのことよーく解ってくれるんですよ。


日本に住んでいた時は、アジア料理のレシピを見ながらこの刺激的な辛さにあこがれたものですが、こうして簡単に手に入るようになると情熱ゼロ。そんなもんです。やっぱり日本人のDNAが「みそしる食っとけ!」と言いますから。今日もやっぱりダルバートじゃない晩ごはんかな。
[PR]
by noz-tr | 2008-03-28 17:58 | いろいろな食べ物

ダルバート


立春も過ぎ、関係あるのかふっと暖かくなってきたカトマンドゥ。やっとストーブに入れる灯油も手に入るようになったら、あれ?もうストーブなくてもいいかも(でも点けます)という感じになってきました。



e0126499_1848266.jpg




というわけで、ひっさびさにダルバートを作ってみました。
ダルバートはネパールの基本ごはん。豆のスープと野菜カレー、アチャールと呼ばれる辛味や酸味が利いた添え物と白いごはんのセットです。

もともと私はダルバートがあんまり好きではない上に、最近はあまりに寒かったのでキムチ入り雑炊とキムチ入りチャーハンのヘビーローテーションだったのですね。食べている一瞬でも温まろうと。ああ、かわいそうだったー、私。でも、作り方にちょっと気をつければ、かなり体にいいのではと思われるダルバート。野菜中心、スパイスの効用もある(かも)。急に「よしっ!今日は行ってみよかー」と意気込んだはいいけど、あまりに久しぶりだったのでダル(豆)に虫がついていました。もちろん取って使いましたけど。取っちゃえば大丈夫でしょ?

写真はムング豆と呼ばれる挽き割りの小さい豆のみを使ったダルです。これは圧力鍋で10分も加熱すればすぐポタージュ状になるので、とろみづけに他の豆と混ぜて使われますが、これだけでもくせがなくておいしい。塩のみを加えて煮た後、ギウ(ギイ)でにんにくとクミンシードを焦がして加えます。

息子の一言で、タルカリ(野菜カレー)は写真を撮るまでもない一品、フライドポテトスパイス和えに。今後これはアップできる!というタルカリを作った時にはぜひご紹介します、うちの食生活。笑ったら許しません。
[PR]
by noz-tr | 2008-02-08 18:00 | いろいろな食べ物

節分ですね。


     
   5ルピーで年の数だけ買えるかな。

e0126499_20102718.jpg




・・・息子は買えますけどね。
[PR]
by noz-tr | 2008-02-03 20:19 | いろいろな食べ物

パニプリ


おそいおそいおそいおそい!ネットが遅い!

ここ1週間ほど、停電はあるわ、冷え込むわ、それなのに灯油はないわ、何にもいいことがなかったような気がしますが、よく考えてみるとそれも現在進行形。気温がちょっと上がったくらいかなぁ、それ以外は改善が見られません。今度「私の毎日いいことなし自慢」でもしてみますわ。

で、今日はネットがいつもに増して遅いです。何度も自慢しますが、ダイヤルアップですからねー。最高で53.2kbpsしか出ないんですからねー。それよりも遅いってのは、かなりえらいことです。これも一応ワードにでもセーブしてからアップしないと。今日は今までにかなり砂を噛みましたから。がじがじ。




e0126499_1855665.jpg




やっと本題。逃げ腰で撮ったことがありありわかる写真は、パニプリと呼ばれるインドのスナックの屋台です。屋台、と呼ぶほどのものでもないくらいちっちゃいですけど、ネパールではこのくらいの「屋台」が多いです。または、頭の上に台を乗っけて売りに来る、場所を取らないスナック売りもよく見かけます。

このパニプリ、ベビーシューみたいなパリパリの皮に、ポテトサラダ(のようなもの)を詰め、酸っぱいソースをつけて食べます。ソースといっても、見た目からして殆どお酢で、スパイシーなポテトサラダとよく合うんですよ。

しかし、その場でポテトを詰めてくれるのですが、もちろんこのおにいちゃんが「手作り」してくれます。「えーと、その手でお金も受け取ってるし、屋台も押すし、頭もぽりぽり掻いてんだろうなー」なんて想像力を駆使できる方にはお勧めできません。
胃腸にとても自信がある方は道端の屋台パニプリをぜひ。5個で5ルピーです。少ししか胃腸に自信がない方は、探せばレストランでも食べられます。

あれこれ言いますが、これ、本当においしいんですよ。気が弱い私は、勇気が出せずに5年くらい経っていますが。今度いいレストランを探してみようっと。
[PR]
by noz-tr | 2008-01-28 17:52 | いろいろな食べ物