これがチャットパティ


e0126499_21182041.jpg




ここ半年くらいずーっと調子がいまひとつだった私のPC。先日フォーマットして、ついでにソフトもアップグレードして、ああすっきり!やっぱり虫のいない環境っていいわねぇ(ご迷惑をおかけしたみなさん、すみません)!

ウィルスソフトも3つも入ってますからね。もうこれで大丈夫。とはいえ、ネパール人のみなさんのUSBは一切お受けいたしませんことよ。今までこれでどんだけ迷惑こうむったことか。





さてさて、こんなわけで前回の「またいずれ」から早2週間。フォーマットしてからの環境整備が結構大変で、更新どころではなかったのですわ。


e0126499_2120221.jpg





チャットパティとはこんなものです。お米の粒が虫っぽく見えてないといいんですけど。

お米といってもいわゆる「ぽんせん」(ってわかりますよね?)と、豆類、生タマネギ、ゆでたじゃがいもを小さく切ったものを辛いソースとレモンであえたスナックです。
「すっぱい」と「辛い」の食欲系マッチングと炒った豆類のかりかりした食感で、「いつか腹いっぱい食べてみたい」という欲望を抱かせるチャットパティですが、多分それをやったらおなかこわします。わかってますって。




上の写真だと巨大に見えますが、実はおとなのこぶしほどの量しか入っていません。これでRs.5(約6円)。物価高騰中のカトマンドゥでも低価格を維持している頼もしいカジャ(おやつ)です。
基本的に行商系のカジャで、単独のチャットパティ屋さんもいれば、炒り豆屋さんが扱っていることもあります。









日本の方は気になったかもしれませんが、このチャットパティが入っているのは何かのテキストを切ったもの。つまり、古紙を再利用しているわけですね。こちらでは食べ物を包むのにもこうした古紙を使うのが一般的です。古紙は新聞だけでなく、こうした本やノートなんてのも珍しくありません。ちなみに中に入っている小さい紙片がスプーンがわりとなります。



チャットパティはウェットなので、さすがにぺらぺらの新聞とかわら半紙でできたこちらのノートは使われませんが、それでも紙さえ厚めならペンで何か書いてある紙でも平気で使用します(笑)。
以前は乾いた豆でも、そうした「インクが食べ物に付くんじゃないの?」という紙に入れられるのに軽い抵抗がありました。しかし、そうなるとこっちでは何にも食べられなくなるわけです。安くておいしいものが。




というわけで、今では日本の食品衛生上どこまでがOKでどこまでがNGか、がさっぱりわからなくなってしまった私。水の少ない生活にも慣れてしまったし、久々に帰省したら母を驚かせる(泣かせる)ことも多々あるのかもしれません。



念のため。

じゃがいもは皮をむいた後にのみ洗えばいいですよね?
[PR]
by noz-tr | 2009-05-31 21:26 | いろいろな食べ物
<< 強いカラダとココロ 修行が足りん。 >>